2011年09月

アッと言う間に9月も終わりですね

4日の台風・大雨から針を持つ事が出来ずにいたきりんですが
やっと昨夜から針を持つ事(余裕)が出来ました
皆さんには色々と心配おかけし 
又、温かいお言葉かけて頂きありがとうございました。
まだまだ、復旧が出来てない所があり大変な思いをしている方々がいらっしゃいますが
我が家はいつもの生活を送れています。

22日からは熊野を脱出してリフレッシュ
その後は・・・
その事は追々綴りたいと思います



昨日から手がけている物を紹介します

RIMG3494.jpg
(パターン)インディアンの小道です
更紗とあずみの木綿を縫い合わせています。

今日はここで おやすみなさい






スポンサーサイト

9月19日晴れ

RIMG3398.jpg
土曜日(17日)に心配して家に帰宅していた次女が今日帰って行きました
名古屋からバスに乗って4時間あまり・・・ありがたいです。
一時崖崩れが発生したのですが通行可になって駆け付けてくれました
顔をみるだけで安心です

16日も凄い雨が降り
洪水・山崩れを警戒しなくてはいけなかったので近所のお宅に避難し一晩お世話になりました
夜中と朝方に強い雨が降りましたが何事もなく良かったです
今は少しの雨にも川の状態・山が水を含んでいるので凄く敏感になります

名張移転前の次女の母校を見に行き
この校舎や運動場をどうするのだろうかと話しながら
落ちた橋の近くをふと見ると 彼岸花が・・・
RIMG3395.jpg
まだムシムシする天候で気温が高いですが、季節は移ってます。


長女も18日からJRに乗って再度来てくれてます
今回は自分の家の事も心配(台風の再来?)もありますが
ボランティアが目的です
前回お友達の所に手伝いに行った時
足の親指に机を落して爪をわる怪我
破傷風を心配しその処置の仕方で私に叱られる
(ず~と昔私の祖父が破傷風で亡くなったので・・・)

今回は京都に帰ってからワクチンを接種
それと、まだこちらにはボランティアが必要と感じ ボランティア保険に入会
勤務している社長に承諾を得ての帰省です

昨日は紀宝町へ

今日は熊野市で活動をしています

非力な女子のお手伝い
おじいさん・おばあさんだけで住んでいらっしゃる方
少し物を動かすにも大変な思いをしてるそうです

一冊の雑誌が水を含んだだけでも重い
中には大事な権利書が外に流れていて 
おじいさんこれ大事な物ではなんでしょうか!と聞いたそうです

今日も外は凄く暑い・・・
少しでもお手伝いになり・無事帰宅願ってます
IMG_2175.jpg

昨日の紀宝町でも仕事を終えてから(工事の方の邪魔にならない時間を待って)
もっとも被害が酷かった那智に行った様です
IMG_2219.jpg

IMG_2223.jpg

IMG_2215.jpg


右側にある縁石を左に移動して左道をカバーしているそうです
IMG_2208.jpg


どこからこの様な石が流れて来たんでしょうか! 信じられません。
IMG_2212.jpg

IMG_2192.jpg

この先には那智の滝があります。。

まだ台風15号の接近が怖い
これ以上被害が及びません 願わずにはいられません

私は、とりあえずもう少し、
長女が家にいてくれるので安心です・・・

最後に
前回きりんちのお隣さん(避難先)での4日の少し水が引いた写真今の写真をアップします
DVC00252.jpg

RIMG3389.jpg


DVC00254.jpg

きりんのスイフトは左上の坂の上に置かせて貰ったので無事でした
RIMG3388.jpg

まだ今から台風15号がこちらに向かっている
何もない様に願うだけ。。

紀宝町の被害に愕然(11日②)

お昼頃から新宮に行く用事を済ませてから
主人・長女と一緒に紀宝町(先日野田総理訪問)に行きました

すみません
何もしないで通り過ぎた事を申し訳なく思います。
泣きながら通り過ぎました ごめんなさい。
テレビ・インターネットで見る画像と自分でみるのとは全然違う。



愕然 出る言葉がないと言う事はこういう事を指す・・・

RIMG3370.jpg

IMG_2135.jpg

IMG_2133.jpg

IMG_2137.jpg

RIMG3379.jpg

昔からの知恵で上の方に家があるのに堤防があるのに
RIMG3380.jpg

道路はきれいになっていましたが、家の方はまだまだ・・・
手伝ってくれる人がもっと必要です


熊野の鉄橋は
4_original.jpg


熊野市から
水の出る所への節水の放送
今日は何度となく呼びかけられていました
今日も夜だけでも出るのだろうか・・・・・
心配です。。。


こんな事(水)ぐらいでヘコタレテいたら、大被害にあった方々に申し訳ない
津波にあった方々にも・・・

でも何かしら涙が出て来るんです。
主人に辛くあったってしまったんです。

今日は快晴 紀和町まで行って来ました

Sちゃん所のお手伝いに今日行って来ました

ここから40分程行った所に紀和町があります
Sちゃん所は地面から140cmまで水が来て
床上浸水 車・アルバム・お仏壇・冷蔵庫・布団・食器棚 その他色々・・・浸水。
幸いにも、Sちゃんの家は2階建てなので大事なキルト作品は無事だったそうです 

(ご近所)水害があって6日目の画像です
RIMG3334.jpg

皆さん総出でクリーンセンターに運んでいました
RIMG3333.jpg

長女と私は水に使った食器類を洗浄する事をお手伝い
昔のお宅には、お客様用食器が沢山保存されてます

そして
Sちゃんのお姑さんはお漬物をするのが得意と言う事聞いてましたが
漬物用石が・・・ちょっとびっくり(30個)   木の樽は捨てたそうです
RIMG3358.jpg

お皿・湯のみ・お椀・茶碗蒸し用の器 ets 
RIMG3344.jpg
それを入れる容器も~

普段はゴム手袋をしない私ですが今回は別 
そのまま手を突っ込むと汗をかいてびちゃびちゃになるので綿の手袋をはめてから使いました
それでも時間が経つと湿って来ます。

二人で頑張ってやりましたが・・・全体を見渡すとごく一部。
まだまだ元の生活に戻るには時間がかかるでしょう



その後まだ断水が続いているのであまり水を使わないで作れる夕食を求めてイオンへ
店内の様子です↓
RIMG3362.jpg

RIMG3364.jpg


どん平を探してみましたが売り切れ~
RIMG3368.jpg
初めてみる光景でした

家に帰宅し まだ断水中なので今日もまた熊野倶楽部に行く用意をしていると
防災ラジオから6時から10時まで水が出ると放送が聞こえホットする

近所の方とのお話の一コマ。。。
「水って大事やね~」

「水が出ない事でストレス!」

「同じ町内であちらは出ているのに」

「今日水道の水を使って車を洗車している人見たわっ」「それ見て涙が出て来たわ

「うちらは浸水していないけど近くでもっとひどい所あるのにそこも出ない・・・」

「節水して、皆で使えるようにして欲しい」

「一日2時間でも皆なの所が断水したら、ない人の気持ち分かるんじゃない」

「学校の傍・病院の傍だから優先的にでる!?って言うけど・・・」

ず~と出る皆さん 水を大事に節水して頂く事を希望します
多分結構この状態は長く続くでしょう。

一所懸命 復旧活動している方々には頭が下がります
宜しくお願いします


今日Sちゃん所でおよばれした上品で美味しい物 ちらしずし・お稲荷さん・太刀魚すし
旦那さんの妹さんのお姑さんが作られたそうです(大阪から持って来てくれました)
RIMG3336.jpg
ご馳走様でした


Sちゃんのお宅に伺う前に、先生のお宅(touge)が気になったので寄りました

RIMG3331.jpg
川の傍だったのでとても心配しましたが
何事もなかった様に家は健在 
先生はいらしゃらないですが長閑な風景はいつもと変わらず
窓から中を覗くと私のダブルウエディングのタぺが見え胸をホットなで下ろしました 
お近くに住むさくらさんに、メールで教えて頂いてましたが自分の目で見て安心しました。

毎日水に翻弄されています

昨日、この地区が4時半だったかな?
断水が解除になった
水が出た時は水道の写真を取った位(笑) 水の有り難さを感じている私

直ぐに洗濯やお風呂・水汲みにおいで~と言ってくれていたお友達に
『水出ました~
とメール連絡し 風呂のスイッチを入れ 洗濯をはじめる。

でもその間広報熊野から節水についての放送が流れていました。

水源が元に戻ったわけで無いので 水道部の方が一生懸命夜を徹して色々して下さったのですが
皆が一斉に使うと水量が持たない・・・

やっぱり8時45分断水に突入
一度だけでしたが両親も私も入浴できたので満足!!

前回のブログで外でシャンプーしたと書きましたが 
その夜、頭痛で辛かったんです(やっぱり山水は冷たかった)

洗濯はNさんSさんのお世話になり、今日はコインランドリーに行って来ました。
お風呂は熊野倶楽部と言う所に行ってます 災害があって直ぐは(月・火)無料開放してくれ
現在は(平日)700円のところ400円
RIMG3284.jpg


(行動を共にしている)お隣のKさんと大きなお風呂で入っている時はリゾート気分♪ 
有り難いです
水曜からは心配して来てくれた長女も一緒です。

今日も昨日から続けて断水
仕事終へ床上浸水した叔父の家に二人でお手伝いしてから
熊野倶楽部のお風呂に行きました

3回目・・・ 時間にもよるのだろうけど今日は沢山の人で洗い場の所で並びました
初日は一時間待ちだったそうです。。。

そうして、帰宅すると水が出てたんです
でも9時半頃 『10時頃から○○地区断水』とコウホクマノの放送の声

でも少しの時間でも出るから嬉しいです

洗濯の時間 お風呂の時間・水の確保の時間 ず~とお水に翻弄されてます。
京都から娘が蛇口付きタンクを持って来て(バスで)くれました
RIMG3320.jpg

便利ですよ~
色々違うタイプもありますが一つあると良いと思います

明日には主人が10Lのタンクを買って来てくれる予定
運ぶには10L位がいいと思います それ以上だと重すぎますから

大きなタンクをお借りした喫茶点 今までにも水に浸水した事があるそうですが
今回は屋根しか見えなくなった様です
明るい店主さん達 
そこに着くなり「はい おやつタイム!!!」といわれシュークリームとコーヒーを渡されてビックリ 
RIMG3304.jpg
すみません 私達はおよばれだけして来ました

毎日があっと言う間に過ぎるので日にちの感覚が希薄です

父が車庫の泥を洗い流す秘密兵器を持って参上~
RIMG3295.jpg
川の水を使って洗浄~ 上でホースを持っているのは娘です
結構大変らしく、ちょっと消防士さんの大変さが分かると言ってました

RIMG3298.jpg
車庫は勿論、近所の方達とワイワイ言いながらお隣の玄関や道・すだれなどをきれいしました

昨夜の雨を警戒しての事など書きたいですが今日はこの辺で・・・

最後に
高専前の川(産田川)の様子をアップします
RIMG3252.jpg

RIMG3268.jpg

今日は晴れて・・・洗濯・シャンプーを

色々とご心配・励ましのコメントやメールありがとうございます
心が温かくなりました




今日はやっと晴れ
朝仕事に行く道 いつもと激変でした。

勿論いつもの道は凄い量の土でドロドロ 通れない所があるので遠回りをする。

畳・家具・木色々な物がうず高く積まれている


水に浸かった家の方が外に出て片づけ
仕事に行くのが申し訳ない気持ちでいっぱいでした

「今日は医院があいてるか?」の電話が多かった日でした

お昼からの仕事は無しにして向かった所は叔父のいえ
井戸川からの水で床上浸水
玄関をみると、もう掃除をした後なので綺麗に泥が取り除かれフローリングの表面がていました
車庫に入った車もダメになった様で覗くと泥が見える
叔母は「何からやったら良いか分からん」と・・・・・

私はお隣さんの庭に押し寄せた藁を今日は何とかしたかったので帰宅

お昼を食べていると近くのNさんから井戸水が出るから来てよ~
ととても嬉しいお誘いを受け早速水を頂き 洗濯もさせて頂きました 
昨日の作業でドロドロの服もきれいになりました

家事の中で一番好きな物は洗濯!!
水源が根こそぎやられているので1カ月位洗濯が不自由になる  かなりのストレスになるだろう。。


洗濯をしている間に気になっていた所に行ってみた

2枚共、大馬神社の前の写真です
DVC00257.jpg
DVC00258.jpg
道路より低い神殿がどうなったか 想像してくださいねっ 
私はどうしても 携帯カメラを向ける事が出来ませんでした
道路がうねうねしてまともに走れなかった
もっと奥に行くと道が無くなっている 地区になっているそうですがここまでが精いっぱい

さっきニュース23クロスに那智の被害状況が映ってました
那智大社にも土砂が押し寄せている 怖い画像
集落が一瞬にして無くなっている 
(Sちゃんが住んでいる)
紀和町に行った方に聞くとまさに津波の後の様だったと・・・・・
この画像をみて本当なんだと改めて思う。

お隣の藁の片づけを近所の方5人で行った(ごみ袋30個)
その後家の玄関の掃除をしていると 
近所で田畑を作っている方の息子さんが
「山からの水あるので使って下さいねっ!!」とわざわざ言いに来てくれました
近所の人にも声かけて下さいねと。

とってもありがたいですねっ
嬉しいです

凄く豊富が水量なので昨日ザッと片づけた車庫の中に泥だらけになった物を洗い落しました
ついでにお隣さんとその場で水シャンプー
作業で汚れた髪が綺麗になって気持ち良かった♪
外で!水で!  変ですけどいいんです
季節も丁度いいですし

その後は紙皿・紙コップを買いにコメリへ
帰宅後は
RIMG3248.jpg
この鍋(直径22㎝)でお湯を沸かしペットボトル1本半で温度を調節しながら
体を洗いました

最高に気持ち良かったです

明日は
今日から熊野倶楽部でお風呂を無料開放していると聞いたので行ってみようかと思ってます
夜8時の時点で1時間待ちだと聞いたのでお昼間にでも行こうかと
これも車が被災しなかたので行動出来る事だと感謝しています。


只今12時40分
防災無線から尾鷲・熊野間の国道42号線が通れるようになったと放送される
やっと父・母がこちらに来る事が出来ます

断水・停電の中頑張っていた両親です。

おやすみさない(*^。^*)

こんなの初めてです

台風は大したことなく通り過ぎたと思ったのに・・・次の日が一番怖い日となりました

午前3時頃? まるで花火の様な雷で目が覚める 尋常でない雨の音
恐る恐る玄関を開け前の道をみると川に激変わっている

とても一人でやり過ごす事は無理と判断 お隣に避難をする事にしました

震災以降 持ち出し袋を作っていたのでそれを持って行く事に
でも肝心なヘッドライトが見当たらず 
確かにお盆長女から受け取ったはず 人間焦ると中々事が進みません
自分でも何をやっているのか もたつく
何度も見たはずのピアノの椅子の上にあった

直ぐ頭に付けて、ももをカバンに入れ勝手口からお隣さんへ避難

 
車もお隣の道に置かせて頂いていたが、きちんと入れ直そうと もう一度外にでて車をみてビックリ
タイヤの上まで水が来ている 

ふと見ると近くの市営住宅の方々がフェンスを破って車を高台に移動していた
私は水没しつつ車をバックしてお隣の駐車場に入れる事が出来なく
そのまま全身する事しかできず 水の中を運転しました
何とか高台に上がる

引き返した頃には水はひざ上になる

長女はその高台にある家に避難した方が良いと言ってくれたが
もう無理。。

お隣さんとコロンちゃん・ももと怖いね~と言いながら
水を溜めながら(お風呂) 水が入って来るかも知れない恐怖と闘いながら二階に必要な物を移した

ひと段落すると 我が家の事が気になり 雨を見計らって帰って大事な物を2階にあげる作業
大事な物って何だろう???
まず保険証書・印鑑・通帳??? 昨日まで色合わせしていた和布も・・・
難しいです

5時過ぎ空が白々して来ると今まで見えなかった光景が

DVC00254.jpg
いつもももと散歩する田んぼが 湖 いや 海(波がある)になっていた

DVC00252.jpg
取り残された車のライトがパカパカ

9年程前にも一度こうなりかけたがこんなに凄いのは初めてです
1時間100mm以上の雨が降ったようです
避難勧告が出たけど 凄く急だったと言っていた方が降りました

ピーク過ぎた写真です
2枚とも同じ所
RIMG3217.jpg


RIMG3219_20110904224851.jpg

すると道を泳いで来た人5人~
RIMG3227.jpg
あれ? カヌーと持っているのは子どもの浮わとボート?
なんだろう?と思ったら 後で分かったのですが
生徒Yさん所がお母さんを助ける為にいるかも知れないと思って
ふくらませていた浮わ&ボートだったそうな・・・ 
海になってしまったのでYさん家を通らせて貰い、その時貸しだした物 とても助かったと感謝してとの事

(遅くなりましたが) 服には三重県警の文字が書かれてました

Yさんちお母さんは無事でしたが床上浸水だったそうです。

きりんちの家はなんとか階段の最上部までの水で助かりました
でも車庫が↓
RIMG3223.jpg

少し水が引いた所↓
RIMG3224.jpg

棚に置いていた物が流出し泥が5センチ程溜ってます
RIMG3229.jpg
お昼から掃除をしました
親切な近所の方が手伝って下さり何とか綺麗になりました(とても重労働でした)
泥は乾くまで置くと硬くなって取り除くのに大変だそうです。

お隣さん・きりんち共々ぎりぎり大丈夫でした
でも車は水につかりました(お隣さん)

熊野・新宮他は大変な事になっています
家の水没・道路・橋の脱落 
JRの線路は熊野駅の直ぐそばで
RIMG3240.jpg

生徒のSちゃん所は車2台水没 その上一階が水没したと聞いています
未だに電気・水道のライフラインが普及出来ないようです
携帯も基地局がダメになったので親戚の家電からわざわざ
「元気だから大丈夫です」と連絡くれました

道が不通なっているので手伝いに行く事も出来ません
頑張ってね!!と言うしかなかったです

今日7時半から2時間お水を貰いに市役所でならびました
途中で体調が悪くなるお爺さんがいたり 雨の中並ぶのは大変です
一緒に並んでいる方とお話の中 
「被災するって人ごとでなかった!」と男の方がおしゃられてました
本当にその通りでした。 

今まで水を求める為に並んだ事はなかった
地震・津波で家を失った方々とは比べ物にならないですが 水がない 電気が付かないと言う事は
どれだけ大変か・・・ (きりん家は電気は大丈夫です)

水源の復旧は直ぐ出来ないそうです
もしかしたら、1カ月弱かかるかもと。。。
大変なことです。
RIMG3245.jpg

皆さん
色々心配ありがとうございました

一日でも早く復旧出来ますように。

台風過ぎたのに・・・

もう日付が変わって台風は岡山の方に行ってしまいましたが
雨が、風が凄いです

こんなに長く雨が降って大丈夫だろうか・・・

Sちゃんの家は前にある川が氾濫しそうなので昨日夕方頃に避難すると連絡ありました
大丈夫だろうか!?
Sさん家は消防の車が“危険を感じたら早めに避難して下さい”と放送しながら走って行ったようです
後で車を移動したとお知らせありました

さっきは実家の方に避難勧告がでた
ビックリして夜中だったが電話をして様子を聞く
まだ住んでいる所は大丈夫と聞きひとまず安心
でもこんな事は今までなかった

新宮の映像がテレビで流されたが今まで見た事のない熊野川
通行止め・避難勧告の放送が次々と防災ラジオから告げられる

夜だから外は見えないが近くの田んぼは水没して池の様になっているだろう
一向に雨がおさまらる様子がない
台風が去ったのに 異常ですね 高気圧に行く手を阻まれ上がっていけない台風

私の車は金曜日に車庫からだしてお隣の前の道に置かせて貰ってます

まだ雨降るの!!!
もう止んで欲しい

お隣さんと「非難する時は一緒に」と話しをしたが
ここは避難する所はないので家の2階に上がる位やね~と結論

又眠れない夜を過ごします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。